FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はいろんなことがあった一日だった。

まずは朝。前の晩にとても早く寝たので4時に目が覚めてしまった。携帯を確認しても祐ちゃんからのメールも着信もなし。昨夜祐ちゃんは友だちと飲みに行くと言っていて、しかもその友だちとはどちらかが潰れるほどに飲むというので、大丈夫かなーと思いながらのんびりと過ごしていた。
さすがに心配になって午後メールをしたのだけど、やっと電話が来たと思ったら、携帯が壊れていて、さらに頭に怪我をしていて、朝までの記憶も起きたときの記憶もないと。
もともとやんちゃなお酒の飲み方をする人だとはわかっていたけど、ここまでは想定外だった。
祐ちゃんは“よくあること”と言っていたけど、頭を切ったっていうのは普通じゃない。

そして、元恋人と3ヶ月ぶりに会い、きちんと別れてきた。
もう気持ちはなかったけれど、辛い思いが多かったことやそのほかの色々なごちゃごちゃを思い出してたくさん泣いた。今思うことは奥さんと仲良しに戻ってほしいということだけだ。

帰って祐ちゃんに報告のメールを。祐ちゃんも専用の携帯を買ってくれていた。しかも色違いのお揃いだった。これでいつまででも繋がっていられる。

祐ちゃんはこんな具合なのにまた仕事に行った。生きる力というか、生命力というか、タフさというか、祐ちゃんのそんなところもとても好き。こんな人とだったら何でもできる。
他愛のない話しかしていないはずが、
足元に来いと言われるだけで胸がきゅんとして、
女の子の部分に触れてみると、もうぐっしょりだったことに気付く。

ご奉仕の前にキスしてほしい。
昨日から祐ちゃんと携帯の話題で盛り上がっている。
24時間通話無料の祐ちゃん専用携帯を購入することになった。
祐ちゃんはまだどの機種にするか決めていないそうだけど、色違いのお揃いにしたいなー。

そして、私自身も早く祐ちゃん専用になりたい(笑)



拍手コメントのお返事ですが、タイトルのフォントは教科書体です。先生っぽく。画像にして貼ってます。
ずっとずっと前、まだチャットをしていた時、祐ちゃんはよくPL雑談部屋で遊んでいた。私も“物理準備室”で待ちながらストーカーのようにそのパスをチェックして時々参加していたのだけれど、ある日みんなが落ちてふたりきりになったことがあった。祐ちゃんはここでも人気があったから、ROMは随分居た。いつも使っている色だったから、祐ちゃんも私だとわかっていた。

ふたりきりになった時にふと祐ちゃんは“明日起こして”と言った。私は“いいよ。何時にする?”なんて答えたと思う。そしたら、“ばーか。起こしてなんて今まで頼んだことがあるか?”と笑った。
見学もたくさんいるのに、まるで知り合いで、しかもそれ以上の関係を匂わせるような発言をして大丈夫なのかと聞いたら、私のことをお披露目したのだと言ってくれた。

それまで、祐ちゃんとのことは誰にも言ってはいけない、言ったら即切るときつく言われていたから、本当に嬉しかった。



で、今日徹夜だった祐ちゃんにお昼に起こしてと頼まれた。約束の時間にかけるとかなり経ってから祐ちゃんは電話に出た。とても幸せな気分だった。モーニングコールをしただけなのに。そういえばそのPL部屋では祐ちゃんは“寝起き”という名前をよく使っていた。そしてあの頃のことを思い出した。イメチャのことをもうどうでもいいと祐ちゃんは言っているけど、私はどこかで拘っていた。でも、最近になってようやく同じようにどうでもいいと思えるようになってきた。


ずっと思い続けていて本当によかった。
軽く見られてないってことだからな。イイ女になる一歩手前だな。

だって祐ちゃんの玩具だもん

なぜかその言葉に少しされた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。