FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次に会ったのは、忘れられない場所だ。私と友達とで作ったやはり学園物の今はもう存在しないパス。
私は大人びた3年生の女子として、祐ちゃんは物理教師としてだった。この時、私にとって祐ちゃんが絶対的な存在の人となった。

この頃は、ロールも随分上達していたと思う。レズっぽい女の子に絡まれかけていたとき、その地下の部屋に尾山先生がやってきた。

尾山先生の文字の色は深い深いグリーンで、私が演じていた麻巳子は黄緑のようなオリジナルカラーだった。この色の組み合わせがとても綺麗で、祐ちゃんも随分気に入ってくれていた。この後、祐ちゃんに囲ってもらっていた裏の部屋でもずっとこの色を使い、PL雑談部屋で立場を明かせないから、私だと分かってもらうためにもこの色を使っていた。

尾山先生は、挨拶するために近付いた私の唇を指で軽くなぞった。冷たい指で。それだけで私はその人に惹かれてしまった。どきどきしながらも、大人びた女子生徒を演じる。そして、会話もあまりないままに移動。

移動先は保健室だったと思う。移動後、尾山先生は豹変した。冷たく、冷静な先生だったはずが、言葉遣いも荒くなり、手首を後ろ手で縛り付けてベッドにうつ伏せに押し倒し、身体を弄ってきた。何もかもが好みだった。言葉の使い方、責め方、ロールの書き方、文字の選び方や描写の仕方まで。尾山先生は今まで会った誰とも違った。

尾山先生に、やや下品な言葉でなじられ、恥ずかしい格好でいやらしい箇所を観察され、長い指で奥を掻き混ぜられた。麻巳子も私も体中が痺れて、どろどろになってイカされた。

その時はそこまでだった。私が中断を申し出た。身体が疼いて続けられなくなったから。

すごく良かったこと、背後も感じてしまったことを告げて、少しPL会話をした後、私書を交換して落ちた。ロール以上に尾山先生のPLさんは冷たい印象の人だった。けれど、それが私がずっと求めていた人で、今も覚めない魔法にかけられたままだ。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Comment

絵本作家になろう
絵本作家の検索サイト。なるには、仕事、募集、イギリス、収入など絵本作家に関する各種情報をお届けしています。 http://saccule.santamonicatravelodge.com/

Post Comment


   
 
管理者にだけ表示を許可する

  

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。