FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祐ちゃんは初め口数がとても少なくて、私ばかりが話してる感じだった。話題は最近ロールをずっとしていないことや合コンで呑んだお酒の銘柄の話とか、色々。

それから、もっと遊べだとか、メールをくれた人とホテルに行ってもいいとか、次は部屋に呼べとか、そんなことを言われた。遊んで誰かとセックスしたとしたら、それが私の気持ちで、現実なんだと言う。祐ちゃんに逢う前に、その人にちゃんと口説かれたら抱かれろと。

口調がいつもと違って優しく感じる。それでなくても、合コンなんかに行って普段と違う状況の私はすごく混乱してて、穏やかな言葉遣いの祐ちゃんに混乱しはじめる。ちょっとだけ、また前みたいに放られてしまうのではないかという思いが頭によぎった途端、すごく辛くなって涙が溢れた。

だから、信じてる、と何度も打ち込んで気持ちを落ち着けようとした。
祐ちゃんを信じてる。離れさせるためにそんなことを言う人じゃない。
だから、命令されたことを聞く。

涙が頬を伝って顎から滴るのも構わずに、馬鹿みたいに何度も何度も信じてると繰り返した。その合間の、私の間の抜けたレスに対して、アホと平気で言ういつもの祐ちゃんに戻っていった。

多分試されてるんだろう。玩具にしてもらう前も、何度も試されてはダメ出しをされ、ようやく飼ってもらえることになった。今も、現実に逢うことを前提として最後に試されているんだと思う。泣きながら言った、何があっても変わらないという言葉が本当なのかどうか。今思うと、やっぱり祐ちゃんとは恋とか愛とかじゃないのかもしれない。もっと別な強い何かで繋がれてて、その絆を確かなものにしたい。

その後、動けなくされて泣きながらイかされた。良いようにされて、乱暴な言葉で、長い指で弱いところばかりを嬲られて、喘ぐことしか許されない。モニタに向かって泣きながら何度も狂わされた。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Comment


自分とだぶって、なんだか読んでて泣きそうになりました。
どう進んでいったらいいか、分からなくなっていたから、すごくこの文章を何度も読んでしまいました。
また遊びにきます。

読んでいただいて、コメントを書いていただいてありがとうございました。

どんな感情の昂ぶりからなのかも理解出来ない涙ってありますよね。
自分がもどかしく感じた夜でした。

私も遊びに行きますね。


Post Comment


   
 
管理者にだけ表示を許可する

  

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。