FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こうしてブログを書くことは、同時に気分を落ち着けてその日の生活を振り返すきっかけになる。何より、書きあがった文章を読んで客観的に自分を見つめなおすことができる。しかも、いつも読み直すことができるのはとても嬉しい。此処とは別に、5年くらい放置している日記も広いweb上にいまだにあって、読もうとすれば誰でも読めるのは少し怖いけど。

実はいつかの深夜に、まるで胸のうちにあるものを吐き出すように書いた文章があった。「保存」ボタンを押して数時間ブログにアップしたが、翌朝読み直してあまりの情けなさに削除してしまった。


ところで、書く楽しみを再び味わっている私は、近頃ある生徒に交換日記を申し込んだ。思っていることを素直に表現できないその子は、口下手で、口を開けば人を傷つけることを言いがちで、最近周囲から浮いている。多分、会話のきっかけがわからないのだと思う。一番簡単な、相手の目に付く容姿に関してアプローチしていくので、コンプレックスをずばり言われた子は多分相当傷つく。

面談をしても、殻に閉じこもりがちな彼女からは、まさしく「主観的」な答えしか帰ってこない。ならばと思い、私が経験した、書くことの面白さを体験してもらおうとノートを手渡した。愉しもう、との口説き文句も添えて。

案の定、返ってきたノート2ページ分には、私に対する褒め言葉やクラスメートや部活の後輩に対しての言動を詫びる文がたくさん書き込まれていた。(それと、いつもと違う、書き殴ったような筆跡も気がかりに思う) それに対して担任は、彼女が自分の言葉で自分の思いを書けるような問いかけをノートに書いた。1週間が過ぎて、少しずつだが思いの丈を書いてくれるようになった。詩のようなものも書いてくれる。


思いを吐き出すのは恥ずかしいけど、自分を高めてくれるのだと思う。ブログ書きはじめてホント良かったなァ。いつも読んでくれてありがとう。
スポンサーサイト
[PR]

Comment

Post Comment


   
 
管理者にだけ表示を許可する

  

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。